レッズサポの時々時事 > 時事 > 平昌オリンピックの開催危機を長野との共催で回避することは国民感情が許さない

時事

平昌オリンピックの開催危機を長野との共催で回避することは国民感情が許さない

2014年12月8日 IOC臨時総会が開催されています、その総会の裏でIOC委員が水面下で動いている情報があります。

以下 【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】からの転載です


−−−−−−−−−−以下転載開始−−−−−−−−−− 

■これまでも繰り返し述べてきましたが、本日、IOC委員会が規約を変更し、
財政破綻状態になっている韓国の平昌オリンピックを救済するために、
ボブスレーなど一部競技を長野で開催する案が水面下で動き始めました。


◆◇◆
AFP通信によると、
国際オリンピック委員会(IOC)は
2018年の韓国・平昌冬季五輪のそり競技を
韓国国外で開催するよう希望していることが明らかとなった。
匿名のIOC関係者が証言したもので、すでに韓国側に水面下で打診しているという。

狙いは開催費の削減だ。
そり競技会場の建設には1億2000万ドル(約146億円)の建設費、
年300〜500万ドル(約3億6500万円〜約6億800万円)の維持費が必要となる。
実際、資金難から平昌五輪会場の建設は大幅に遅れている。

海外開催の場合には、長野が有力候補になりそうだ。
◆◇◆

パククネ大統領が「慰安婦問題で日本は誠意を示せ」と、
繰り返し発言している真意は「お金を出しなさい」であり、
絶対お金を出すことも共催を受け入れることも「国民感情が受け入れない」と、
徹底的な抗議行動をとる必要がでてきました。

吐き気をもよおすほど気分が悪いです。

ワールドカップ日韓共催も朝日新聞の記事が先導しましたが、
明日からテレ朝など反日メディアが一斉に、
日韓共催へ誘導する報道をする可能性がありますので、皆様、監視が必要です。

韓国は、プロパガンダとして「日本から長野との共催を申し込まれた」など、
真逆の嘘をばらまく可能性があります。
また「慰安婦問題解決のため日本から協力を打診された」など、
日本国民が激怒する嘘を平気で吐くことは「慰安婦問題」で証明されています。

そして、「平昌オリンピックを共催させてあげたのだから、
東京オリンピックも韓国と共催するのが当然だ」など、
唖然となる要求も想定できるのです。

共催を拒否する要請として効果的なところは、
総理官邸、IOC本部、IOC日本委員会、長野市へ
「平昌と長野の共催は日本の国民感情が許さないのです」と、
優しく楔を打ち込んでください。

−−−−−−−−−−以上転載終了−−−−−−−−−−

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】⇒ http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-1885.html


抗議先




これ以上日本国民の税金を反日国家韓国につぎ込むことは許されません。
水間さんが指摘される通り、『吐き気を催すほど気分が悪いです』



_


<<代替案を提示せず反対するだけの反原発派の正体は? | レッズサポの時々時事トップへ | 2014年衆議院選挙 気になる「共産党躍進」の記事>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。