レッズサポの時々時事 > 時事 > 南京事件関連の支那のプロパガンダをつぶせ

時事

南京事件関連の支那のプロパガンダをつぶせ



「南京事件」追悼にスポーツ選手をプロパガンダ利用する中国「政治工作」

支那の言う「南京大虐殺」は捏造プロパガンであることは、様々な資料で否定されています。

例えば、以下の電子版冊子



内容紹介

1937年12月13日、南京陥落にともなう「南京大虐殺」の虚構を国民に伝えた「GHQ洗脳メディア」の一つに、NHKラジオ番組『眞相箱』がある。この番組の台本の編集は連合国軍最高司令部民間情報教育局をはじめ『ニューズ・ウィーク』や『ニッポンタイムス』、そして『朝日新聞』の協力によるものだった。南京大虐殺の捏造報道をひと目で暴く一冊。※本コンテンツは月刊誌『Voice』2014年12月号掲載記事を電子化したものです。

Kindle無料アプリについて
スマートフォン、タブレット用の Kindle 無料アプリをご利用いただくと、Kindle 端末がなくても Kindle 本をお読みいただけます。


支那の民族は嘘でも、嘘とバレても、利益があれば100回でも1000回でも仕掛けてくると思って間違いありません。

このしつこさに対抗するには、一次資料を武器に戦わなくては無意味です。

情報戦は、万人が客観的に確信できる報道写真などの一次資料があれば、
1000回の嘘でも一撃で潰せます。

その一次資料である写真を中心にして、当時の支那事変から南京入城の時代の真実を知ることができる本です。



ご興味があればぜひ一度手にとってご覧いただきたいと思います。

我々が、如何に支那の嘘を基にしたプロパガンダに騙されているか。
更に、支那人や朝鮮人に支配された日本のマスコミが垂れ流す嘘に毒され騙されているか、その一端を知ることができると思います。


_

<<朝鮮総連に脅された国税庁の闇!? | レッズサポの時々時事トップへ | 「日本版ネオナチ」!? 次世代が赤旗記事で共産党に抗議>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。