レッズサポの時々時事 > 時事 > 山崎敏充裁判長 ヘイトスピーチで賠償確定=在特会の上告退ける―最高裁

時事

山崎敏充裁判長 ヘイトスピーチで賠償確定=在特会の上告退ける―最高裁

−−−−−−−−−−転載開始−−−−−−−−−−

人種や国籍への差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)による街頭宣伝活動で授業を妨害されたなどとして、京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と会員らに損害賠償などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は9日付で、在特会側の上告を退ける決定をした。約1200万円の賠償と学校周辺での街宣禁止を認めた一、二審判決が確定した。
 裁判官5人全員一致の意見。ヘイトスピーチの違法性を認めた司法判断が確定したことで、一定の抑止力が働くとともに法規制をめぐる議論が活発化しそうだ。
 一、二審判決によると、在特会会員らは2009年12月〜10年3月、同学園が運営する京都市の朝鮮学校の周辺で3回にわたり、拡声器で「朝鮮学校を日本からたたき出せ」「朝鮮人を保健所で処分しろ」などと発言。その様子を撮影した動画をインターネット上で公開した。
 一審京都地裁は「在日朝鮮人への差別意識を世間に訴える意図があり、人種差別撤廃条約で禁じられた人種差別に当たる」と判断し、違法性を認めた。
 二審大阪高裁も、同条約上の人種差別に当たると認定。「表現の自由によって保護される範囲を超えているのは明らかだ」などと指摘し、在特会側の控訴を棄却した。
 在特会の話 最高裁が政治的な表現の自由に向き合わなかったことは残念だ。

時事通信 12月10日(水)14時40分配信
−−−−−−−−−−転載終了−−−−−−−−−−

最高裁第3小法廷で在特会の敗訴が確定しました。

最高裁判所の判事一覧です。 ⇒ http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/

最高裁判所判事一覧.jpg

第3小法廷の判事

山ア  敏充(裁判長)
木内 道祥
大橋 正春
大谷 剛彦
岡部 喜代子

12月14日(日)の衆議院議員選挙と同時に、最高裁判所裁判官国民審査です。
まずは、上記のメンバーへは 「×」 を付けて審判を下したいと思います。

公有地である公園を不法に占拠したことに抗議すると、1,200万円の損害賠償の支払い判決を受ける。
信頼すべき最高裁判所まで狂ってしまったのか、それとも、帰化人に支配されてしまったのか?


ただ、一つだけ確認したいことがある、それは、不法に占拠されたという公園がどこで、その登記がどうなっているかの一次資料を確認したい。 不法に占拠して、居座る手法は戦後の朝鮮人の常套手段ではあるが、まず、不法占拠の証拠を確認しておきたいと思う。
現時点でネット上では見つかっていないので、見つかり次第、追記していきたいと思います。




_

<<「日本版ネオナチ」!? 次世代が赤旗記事で共産党に抗議 | レッズサポの時々時事トップへ | 芸能人・文化人が「赤旗」で護憲を主張! の記事について>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。