時事

中国軍の文民統制は機能するか



台湾出身の方が書かれた記事のようだが、読んでいていろいろと違和感がある部分がありますので、いくつかピックアップしてみたと思います。

『この首脳会談に至った日中合意をみると、長年、外交の世界に身を置いた私でも拍手を送りたいほど、苦し紛れではありながらも、互いのメンツを保った見事な妥協だった。』

互いのメンツ?日本人はあまりメンツを重要視する民族ではないが(こだわる人もいるけど)・・・。 対して、支那の民族は意味も無くメンツにこだわる民族であろう。 日本政府は、会談することは条件無しで行われるべきであるという主張を続けただけである。 従来から繰り返している通りである。 日本側にはメンツにこだわる意図はなく、正論で条件無しに会話の機会を設けようと呼びかけてきただけのことである。 結果、どちらが譲ったかはどうでもよく首脳会談が開催されたということである。 どうしてもメンツの話をしたいのは同系の民族だからなのだろうか?


『ここ数年間の中国の海洋軍事進出が引き起こした「事件」のうち、どれが実際に中国政府の意向や戦略を反映したものだったかは疑問を抱かざるを得ない。フェイジュ氏が指摘するように、その背景には、党中央の権力争いに乗じて一大独立王国と化しつつある人民解放軍と政府、とりわけ外交部との連携の著しい欠如がある。』

支那の軍隊が、暴走したり、反乱を起こしたり、他国の軍隊に事件(事変)を仕掛けることは、今に始まったことではない。 大東亜戦争が始まる前から、大陸で支那の軍部は暴走し、日本軍や日本人へ対して攻撃を仕掛けてきたのは周知の事実である。 昔から支那の軍隊はシビリアンコントロール(文民統制)どころが、軍に必要な軍隊としての統率さえ取れていなかったではないか。 できていたことができなくなったのではなく、もともとできていなかったのだから、いつ暴発してもおかしくないことをを前提に国防を組み立てざるを得ないのである。 それでも、日本はこちらから一切挑発することなく、会話をしようと持ちかけているのである。 繰り返します、周辺国へ挑発行為を行っているのは支那であって、周辺国では無く、ましてや日本では無いのである。


『近隣諸国にとっては、少なくとも交渉相手としての中国は党・政府と軍が一本にまとまっている必要がある。そうなれば、今までのような政府と軍の立場と行動がバラバラな状況より、対処しやすくなるというメリットが期待できるだろう。』

世界基準では、政府と軍は一体であるけれども、「支那の基準では政府と軍はバラバラに動く可能性がありますよ、軍部が暴走してもそれは、政府の意図ではありません」、てことでしょうか(笑)
当然、一本にまとまっていると誤認して、そのつもりで会話をしていたら、いきなり軍部が暴走して撃たれる事態を想定しなければならないでしょう。 歴史は繰り返します。


余談ですが、航空自衛隊のスクランブル部隊の司令官がインタビューで隊員への指示について話されていたのをよく覚えています、『決して無理をするな、必ず生きて帰って来い』 それくらい現場では何が起きるかわからないぎりぎりの中で防衛活動が遂行されているのですね。 命をかけて日本の平和を守る自衛隊に感謝です。




_

<<.. 2 3 4 5 6.. >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。