サッカー日本代表

キリンカップ 日本代表VSベルギー代表戦

日曜日の夜、World Cup Asia最終予選、ウズベキスタン戦に弾みをつける結果の欲しい、
日本代表がどんな戦いをするか、じっくり見せてもらいました。

相手は、現在FIFAランク62位と間違いじゃないかと言うランクのベルギーしかし、ヨーロッパのチームはFIFAランクに関わらず、絶対に油断はできない。

スタメンは、DF左に長友、右に篤人、真ん中はいつもの2人、ボランチに、長谷部と遠藤、トップ下に憲剛、
3トップ気味のセンターに岡崎、左に大久保、右に俊輔と言うオーダー。

確かにけが人のことを考えると、足りてないのは、松井くらいかなと思えるスタメンでした。

試合のほうは、長友の角度の無いところからの見事なゴールで先制し、続いて大久保からのスルーパスを憲剛が決めて、2−0、後半も大久保からの見事なパスに岡崎が得意のダイビングヘッドで決めて3点目を上げる、さらに長友からのクロスに、途中交代の矢野貴章がニアに滑り込んで、ダメ押しの4点目を挙げる。

結果、完封で結果を出したし、試合内容自体も、けして悪いものではなかった。

ただ、いつも、壮行試合やテストマッチで結果と内容が伴っていても、本番でこけるときが間々あるので、絶対に気を抜かないで、この調子で、今週末を戦って欲しい。そして、ハラハラさせないで、早く、World Cupへの切符を掴み取って欲しい。

頑張れ日本代表!
_

1 2 3 4 5.. >>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。